思いつくまま

香港でたべたもの:西多士(サイダァーシー)

b0143292_20554949.jpg


9月某日。
朝6時半に起きて会場に7時半までに入り、8時から夕方18時半まで仕事。普段は8時に起き、なんとか20分で支度をすませて会社に行く私。そんな自分にはご無体なスケジュールだった日々もこの日で終わり。「お嬢」こと広報の友達Jの仕事を手伝って15時半、待ちに待った自由時間です。

ここでこれが食べてみたいんだよね〜と店の切り抜きを見せたら「連れてったげる♪」

会場からお嬢の冷房の効いたベンツに乗っていざ徳如茶餐廳へ



香港に行ったら食べてみたいと思っていたもの、それは西多士(香港式フレンチトースト)とアイスミルクティー。

小さい頃母が作ってくれたフレンチトーストは、牛乳入りの甘い卵液に浸したパンを、たっぷりのバターで焼いたものだったけど、それと香港のはどう違うのか、それが知りたかった。営業は朝6時開店から夕方6時。がんばって早起きして出勤前に行く?でもそれだと朝から重すぎるし・・・そんなことを考えては今回の滞在中に行けるのか、やきもきしてました。そんなことでやきもきすんな、ですが、すごくやきもきしたんです。

お店の外観。地元の人がぞくぞくとやってきてあっという間に賑やかに。
上半身ネイキッドな人たちが多いですね・・・香港ではあっちこっちで工事をしているので、工事関係のひとたちの休憩タイムとぶつかったのかも。
b0143292_2123852.jpg


写真奥に写っている愛想の良いおじさんが簡易テーブルと椅子を用意してくれました。
待つこと数分。あれ、お嬢ったら1枚しか頼まなかったんだ・・・。
b0143292_21301714.jpg
15香港ドル。日本円に換算すると・・・187円!


「こうやって食べるんだよ♪」とシンガポール出身のお嬢が食べ方を教えてくれました。

まずはバターとシロップをフォークでまんべんなくのばして
b0143292_21442823.jpg

ナイフとフォークでひたすら切る
b0143292_2146447.jpg

みみに近い部分はちょっと力が要ります
b0143292_21473166.jpg
完成〜!いっただきま〜す♪
中心が甘くておいしいから、端から真ん中に向かってに食べるのがミソ、とはお嬢のアドバイス
b0143292_2149996.jpg


香港式のフレンチトーストは、ピーナツバターを挟んであったりと店によっていろいろ異なるみたいですが、この店のは卵に浸したパンが油で揚げてあり、バターとコンデンスミルクのような味のシロップがかかっていました。

からだにあんまりよくなさそうだけどつい食べちゃうものってありますよね。これもそう。噛むとじゅわっと油とシロップが染みでてついもう一口。茶葉をしっかり煮出した、とってもいい香りのアイスミルクティーと相性抜群でした。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-10-10 22:26 | つれづれ