思いつくまま

京都旅行:一澤帆布でお買い物

昼前に雨がパラついたものの、本日も快晴。今日は1日まるまる使えるので、欲張ってお買い物と神社仏閣巡りです。
まずは、雑誌の京都特集で見て以来ずっと行ってみたかった金平糖専門店の緑寿庵清水へ。「こんなに買うんか!?」と自分で自分につっこみをいれたくなるほど金平糖を買い、京大前からバスに乗って知恩院へ。

おっと・・・その前にもう一軒行きたかったお店が。キャンバス地のバッグでおなじみの一澤帆布です。

b0143292_1984880.jpg
入り口脇の郵便受け。店内には自動体外除細動器の袋もありました。「AED」のアップリケがこれまたかわいかった。


ずーっと前に週刊朝日か何かでお家騒動については読んだことがあったけれど、兄弟それぞれの店が10メートルと離れていないところに並んでいるのにはすこし驚きました。弟さんのお店のほうは、芋を洗うような混雑ぶり。デザインもモノグラム風のがあったりしてモダンな印象。
b0143292_20204983.jpg
一澤帆布の引き戸。


両方見てみたけれど、わたしは赤い枠の中に、漢字+カタカナという京都特有の住所と店の名前が入った名札が好みなので、一澤帆布で値段も手頃な縦長のトートバックを買いました。

b0143292_20224071.jpg色は右のミニチュアの写真の一番手前のと同じ、茶色がかったグレーです。前日に錦市場近くのsou sou 伊勢木綿で買った手ぬぐいバッグと併せて持ってもかわいいかも知れぬ。次回の土曜ガールズ撮影会の時にも持って行こうかな♪
[PR]
by jewelled-apple | 2008-09-17 11:00 | 日本の旅