思いつくまま

京都旅行:たべたもの

b0143292_2334419.jpgはふうのビーフカツサンド。ランチタイムはサラダと好きなソフトドリンクで2,500円くらいだったと思います。結構いいお値段ですが、なんせ「牛」そして「揚げたて」ですから。数年前のElle Japonの京都特集で見て以来、恋焦がれてました。ボリュームも味も文句なしです。自家製レモンスカッシュもおいしかった。






b0143292_23442694.jpg建仁寺裏八坂通り燕楽にておでん。スパイダーマンのスーツのようなヒビの入った卵。祇園で写真を撮った後、Hanakoを頼りに行きました。他に、鴨茄子の田楽や鱧の香梅揚げ、生麩の田楽を頂きました。頼んだもの全部おいしかったし、料亭風な造りとはうらはらにお値段も良心的、店員さんも親切でいいお店でした。


b0143292_23545121.jpg知恩院を見た後、適当に選んで入った蕎麦屋にてカツ丼。東京生まれの東京育ち、カツ丼と言えば濃くて甘いツユ、と思っていた私にこの薄味は衝撃でした。関西は薄味とは知っていたけれど、蕎麦やうどんだけじゃないんですねぇ。。。


b0143292_23595597.jpg蛸虎のたこ焼き。Elle Japonの京都特集で「京都の人間が口をそろえるのは『蛸虎が一番!』」と紹介されていたのを読んで以来行ってみたかった店。一皿9個で600円。夕飯代わりとはいえ9個も食べられるかな・・・という心配は杞憂に終わりました。メニューはたこ焼きとたこブツ、たこ造り、たこ珍味と「たこ」しかありません。鈴カステラみたいな形で、ご覧の通りソースと鰹節と青のりだけのシンプルなたこ焼きです。噂とおりたこが大きかった。結構遅い時間だったのに、次から次へと人が入って来て、持ち帰りを頼んで行きました。人気のあるお店のようです。


b0143292_016793.jpg嵐山たなかのお豆腐コロッケ。天龍寺に行く途中、駅前でみつけて朝食代わりに。お豆腐のコロッケってどんなだろうと思ったら、雪花菜入りでした。起き抜けのおなかにはちょっと重かった・・・。おいしかったですが。


b0143292_0223522.jpg天龍寺→竹林→野宮神社の後に連なるお茶屋のうちの一軒で、ソフトクリーム。1色でも4色でも値段は同じ200円。太っ腹です、京都。私は季節の味(たしかマンゴー)を除いた3色、上からほうじ茶、抹茶、バニラです。ほうじ茶味がさっぱりして気に入りました。京都らしい場所を探してくるくる回っている間に溶けてきて焦りました。


b0143292_037526.jpg老松の茶房「玄以庵」の本わらび餅(撮影協力お香ちゃん)。黒蜜ときなこで食べるんですが、いやー、これはほんとうにおいしかった。お餅が5-6個入ってるんですが、食べ終わるのが惜しかったです。


b0143292_0461652.jpgb0143292_0463386.jpgちなみにこちらは上記のお店で人気を二分する「夏柑糖」。手作業でくり抜いた夏ミカンの果汁を寒天で固めてあるそうです。自分の分と家族の分で2個おみやげに買いました。夏ミカンより、おいしい。


この他にもシュークリームとか、お土産で買ったクッキーとかおいしいものは食べたんですけど、写真に撮る前に胃袋へと消えて行きました。金平糖は、いつか写真に撮ったらアップします(いつだ〜)。

今度京都に行ったらソワレでゼリー、喫茶店でホットケーキ(とプリン)を食べたいな〜。

京都旅行記はこれでおしまい。これから夏のイギリス旅行後半篇に取りかかります、ぼちぼちと。
[PR]
by jewelled-apple | 2008-10-13 01:08 | 日本の旅