思いつくまま

<   2009年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

パンの街から連れ帰ったパン

日曜のお昼はいつも適当に野菜を切って、適当につくったドレッシングをかけたサラダで済ませます。
しかし・・・、今日のお昼は違います。
野菜の水分と酵素を目一杯とるゾ!なメニュー。

b0143292_22562410.jpg

「ローフード わたしをキレイにした不思議なたべもの」の巻末メニューから、一晩水に浸けたアーモンドで作ったナッツミルクとアスパラガスのスープ。銀座の紅茶専門店でひとめぼれして買ったものの、以前ほど紅茶を飲まなくなったので出番が少なくなってしまったカップ&ソーサーによそってみました。オサレなレストランで出てくるカプチーノ仕立てのスープみたいでなかなかのお味でした。

b0143292_22572051.jpg

同じ本のメニューを勝手にアレンジしたにんじんと白菜の和風サラダ。ドレッシング(水、レモン汁、醬油、こぶ茶)にプラスして塩昆布を入れ、松の実を散らしました。野菜市場で手に入れたにんじんは味がとても濃く、もうスーパーのは食べたくないよ〜と思ってしまうほどおいしかった。にんじん買いにすっとんで行きたいくらい。

たっぷり野菜はすべてこのパンのため・・・
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-31 13:41 | つれづれ

ただいまマリネ中

b0143292_10513640.jpg

野菜市場で目にするやいなや(おいしそ〜っ!)と思った椎茸。
次の瞬間思いだしたのは、おととい読み終えた石塚とも「ローフード わたしをキレイにした不思議なたべもの」の巻末に掲載されていたレシピのひとつ「椎茸とトマトのマリネ」でした。

分量通りにマリネ液を作り、13個の椎茸と野菜市場で試食しておいしかったトマト(その名も「クイーン」)と合わせたら・・・あれ?マリネというと瓶に漬けてあるイメージなので、マリネ液に対して野菜が多すぎたのかと少々心配に。母にそう言うと、「野菜から水分が出てくるから大丈夫よ。」

混ぜてしばらく放っておいたら、ほんとだ!水分が出て、大きかった椎茸はひゅ〜と小さくなっていた。
マリネ液がまんべんなくなじむように菜箸でかき混ぜながら、わたしのこのふくらはぎもマリネして水分を一気に放出できたらいいのにな〜と思ったのでした。

あと3時間。できあがりが楽しみです。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-31 11:18 | つれづれ

ブルーベリー&バナナのスムージー

バナナ1本と冷凍ブルーベリーのスムージー。今日の朝食です。

これまで豆乳と混ぜていましたが、愛用のinnocentの本に倣ってしぼりたてのりんごジュースに変えてみました。

美味しい〜〜〜!

豆乳(無調整)だと、舌にどうしたってそこはかとなくエグさが残るけど、これだと果物のスムージー!って感じがして飲んでてもたのしいです。
b0143292_1933583.jpg

ところで、これまでブツ撮りする時は、「ブツ」を机にそのまま置くか、画用紙の上に置いていました。

昨日お家を訪ねたともだちが、「ここにある布、使わないから持ってって〜」と言ってくれたので、遠慮せず気に入ったのをごっそり(本当にごっそり)もらってきました。このかわいい小花柄の布もその中の1枚です。

画用紙だとアングルによっては机のはじっこなどが写ってしまい、その度に「キーッ!」ってなってたんですが、これからはそんなストレスもなくなりそう。

Hちゃんありがとう!!!
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-31 10:00 | つれづれ

Nearly back to square one...but I'm not giving up

b0143292_20335329.jpg
Back to square oneというのは「振出しに戻る」という意味。海外の刑事ドラマなどを見ていると、手がかりが全部なくなった時に"So...we're back to square one, huh?"なんて言うのを本当によく耳にします。ウィキペディアによると、こどものゲームだとかイギリスのフットボール実況中継をした人の言葉だとか、語源は諸説あるようです。日本語ブログですが、この記事にぴったりだなと思ったので英語です、タイトルだけ(笑)


BEIGEでの母とのディナーの約1週間後、いつもの鍼の先生のところに行ってきました。着替えを済ませて先生を呼ぶと、いきなり「顔の輪郭が元に戻っちゃった。足首も肉がかぶさってる。」

そうです・・・。デトックス5週目の終わりに世にも贅沢な食事をしてからというもの気がゆるんでしまい、焼菓子を食べたり2日ほど昼に野菜を食べなかったりして、あれよあれよという間に1.5キロ元に戻ってしまったのです。人のカラダを健康な状態に近づけることを生業にしている先生には、私のネガティブな変化は一目瞭然だったようです。先生曰く、「せっかくそのセミナーで土台を作ってもらって軌道に乗り始めていたところだったのに、ヘンなもんたくさん食ったせいでガタガタになっちゃった。再開したとしてもこれまでの80%くらいの効果しか出ないよ。」

先月のセミナー後に会った時の驚きと感激があまりにも大きかっただけに、落胆も同じくらい大きいと先生。診療ベッドが針のムシロのように感じられた45分間でした。別にこの先生のために健康になろうとしているわけではないものの、人にここまでがっかりされるとさすがにヘコミます。

特に辛かったのは「そうだよね・・・、あなたはひとつのことを続けるのが苦手な人だもんね」と言われたこと。好きなシンガーソングライターLiz Phairの歌で習った言葉を借りれば"a slap in the face" (顔に平手打ち)級の衝撃でした。

6週間のデトックスは日数的には終わったけれど、ここで諦めたくない、そう思って今また、生野菜生果物生活を送っています。筋肉を増やすため、せっせと階段をのぼったり、バスをやめて歩いたりも。

先生の発言のあと、打ちひしがれた気持ちを鍋と野菜にぶつけてラタトゥイユを作りました。もう何年も作ってなかったので、こちらを参考に隠し味を加え、食感が楽しいかもと思ってエリンギも入れてみました。味のしっかりしたおいしいのができました。

翌日、すっきりしたパッケージにピンときて買った篠崎屋の絹豆富にかけてみたら・・・合うじゃないですか!たくさん作って冷凍したので、一品足りない時にまた登場してもらうことになりそうです。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-27 21:36 | つれづれ

人参、林檎、生姜のジュース

b0143292_1444531.jpg

昨晩innocent smoothie receipe bookを読んでいたら、どうしても作ってみたいレシピがあったので、そぼ降る雨の中スーパーにりんごを買いに行きました。

つい先日買ったばかりの50mmのマクロレンズを持って。外で使うのは今日が初めて。
b0143292_1450585.jpg

マクロレンズを買ったら、植物についた雨露を撮ってみたいとずっと思っていました。
どういうわけだか、フォーカスロックをしてもちょっとレンズを動かすとすぐピントがずれてしまいます。思ったように撮れなくて、(マクロ買うのは早かったのかなぁ)(他のブログではみんなきっちりピントが合ってるのになぁ)などと考えながらしばらくこの花(ツツジですか、My花博士の苺さん?)と格闘していました。30枚くらい撮って、あきらめました。あぁデジタルでよかった・・・。

てなわけで、役者は揃いました。
b0143292_1438228.jpg

この記事でご紹介したときにも書いたんですが、このレシピ本、英語の文章が本当におもしろいです。
ちょっと引用すると:

“This recipe was in our last book, but we're not ashamed to air it again. Put simply, it's the best veggie blend in all the world, and if anyone disagrees, we can sort it out in the car park at half seven."
(Page 97, Innocent Smoothie Recipe Book: 571/2 Recipes from Our Kitchen to Yours, Forth Estate London, 2006.)

(Occhi語訳:「ひとつ前の本にも載せたけど、ためらうことなくまた載せよう。なぜって、ずばりこれが世界で一番の野菜ジュースだから。賛成できない?片を付けるから今晩7時半、いつもの駐車場に来な。」


"...sort it out in the car park at half seven."のあたりは、日本語でいうところの「体育館裏に来な」って感じでしょうか。くすっと笑っちゃうような、いかにもイギリス英語な文章や表現が満載なので、読み物としても楽しめる私の大切な一冊です。

さてさて肝心のジュースのお味はというと、すりおろした生姜の絞り汁のピリッとした辛味が人参と林檎ジュースの甘さを引き立てて、何杯でも飲めそうでした。
b0143292_15211099.jpg
テキストを書いたDan Germain氏に一言 "I totallly agree with you. It was awesome!"


"Healthy glowing skin" (内側から輝くような肌)を作るのにもいいそうです。お試しあれ〜♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-24 15:45 | つれづれ

BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYOで母とディナー

b0143292_22243318.jpg
食後のおみやげのマカロン。左からピスタチオ、チョコレート、ピンクグレープフルーツ


5月のある日、母とふたりでBEIGE ALAIN DUCASSE TOKYOに行ってきました。
・・・と言っても、私の財布にも母のへそくりにも全然インパクトなし。昨年末、会社のクリスマスパーティのクイズの賞品にと、ボスがポケットマネーでこのなんとも豪華なレストランでのディナー券を用意してくれたのでした。もらってから約半年、もうすぐ期限が切れてしまうというので、デトックス中にもかかわらず行ってきました。

さすがに音の出るデジイチや携帯電話のカメラはどうかと思ったので、カバンにコンデジを持参。シャンパンを注ぎにきた男性に写真を撮ってもいいかどうか確認しました。ストロボを使わなければ結構ですとのことで、後で見返せるように全部写真に撮りました。

コソコソいそいそ撮ったので構図から何からへんてこな写真のオンパレードですけど、よかったら読んでください♪

Menu Collection(コレクションコース)をいただきました
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-23 00:30 | つれづれ

大好きな絵本はなんですか

b0143292_2282691.jpg

幼い頃飽きもせず繰り返し読んだ絵本、誰にでもそんな絵本があると思います。
わたしの場合は「みんなうんち」(五味太郎 作)。
「あんたは『ひとこぶらくだは ひとこぶ うんち』をとにかく大きい声で音読していたよ」と母は時折述懐します。
音読って・・・(笑)。こどもって(特に男の子)は好きですよね、うんちとかおしっことか、そーゆー言葉が。

そんなこどもだった私にとって、もうひとつのお気に入りだったのが「モチモチの木」(斎藤隆介 作)。
夜中にひとりでは家の外のお手洗いに行けなくて、その都度おじいさん(「じさま」)を起こす、弱虫な男の子「豆太」のお話。

その絵本の絵を手がけた版画家・切り絵作家の滝平 二郎さんが16日に88才で亡くなったのを知ったのは、昨日の夕刊の記事でした。

切れ長の目をした男の子が、夜中にじさまの異変に気づき、助けを求めに大きなモチモチの木が枝を伸ばす坂道を転がるように走る様子は、おさなごころに強烈な印象を残しました。今でもどんな絵だったか思い出すことができます。

大好きなじさまのために一生懸命に走る豆太の姿に、がんばれ!と応援したり、じさまは大丈夫だろうかとハラハラしたり、最後、じさまの膝でニコニコする豆太の姿にほっとしたり。ちょっと大げさに聞こえるかも知れないけれど、自分の人格形成に大きな影響を与えた本だったなぁという気がしています。

滝平さんとは会ったことも話したこともないけれど、すばらしい絵をありがとうございましたと言いたいです。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-20 23:11 | つれづれ

筍には勝てない

デトックスの一環で野菜・果物生活を始めて5週間経過。今週末で一応終了です。
今思えば4週目以降は最初の3週間ほど気合いは入っていなかった気もするけれど、先週末に外食した以外はがんばってせっせとジュースを絞り、サラダを作ってました。

今日もいつも通り夕飯にサラダを作ろうとしていたら・・・。ん?この匂いは・・・

た、筍ごはん!
くぅーーーー(苦悩)。
しかも「筍、もうそろそろ今年は終わりだね」と母。
んがーーーーーーーー(地団駄)

b0143292_21252911.jpg


筍が大、大、大好きな私。抗えませんでした。
「サニーレタス、レタス、セロリ、きゅうり、蕪、筍、スプラウト、タコ、ささみの自家製フレンチドレッシング和え」サラダをたっぷり食べたあと、小さいお茶碗に1杯・・・のはずが、おかわりして計2杯。

うっすら醬油味のごはん、味のしみた油揚げ、そして母が糠と鷹の爪で茹でた、京都産の筍 from 築地。
うわ〜、シンプルな料理なのに、なんだってこんなに美味しいんだろう・・・。
味わって食べるってこういうこと?と思うほど、一口ひとくちかみしめるようにたべました。

今年最後の筍ご飯、満喫しました。いや〜、おいしかった・・・(しみじみ)。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-19 21:52 | つれづれ

500円玉貯金の行き先

お財布に500円玉が入るたびに取り出して、お気に入りのピンクの象の貯金箱にせっせと移すこと約半年。
ずっしりと重くなってきたので、全部出して数えてみました。
b0143292_17171310.jpg
フィンランドMK Tresmer社のNorsu (= elephant) 貯金箱。金色のリボン付きのこれは、たしかPLAZA限定品。
かわいいけど、周りのものが写り込みまくりです・・・

ぜんぶで140枚。

前回の60,000円は、ぜ〜んぶ定期預金の口座に移したけど、今回は、3ヶ月近く迷っていたものを、ピンク象貯金の一部を使って買うことにしました。

そのブツ、数時間前に届きました。

そのブツとは・・・
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-17 18:05 | つれづれ

A glass of fresh mango juice

b0143292_13151834.jpg

晩ご飯の食材を買いに行ったスーパーで見つけたタイ産のゴールデンマンゴーを、レモン、デコポンをしぼったジュースと合わせてスムージーにしてみました。

innocent (R) の本過去記事にあったオレンジを使ったレシピ。オレンジがなくてデコポンで代用したんですが・・・、デコポンじゃなくてオレンジのほうがよかったみたい・・・。充分おいしかったんですけどね、でも今度は横着しないで買いに行きます。
b0143292_13255867.jpg
リーフパイみたい!と母


マンゴーをすこーんと半分に切ろうとして、固いものに阻まれました。
マンゴーというと、中華料理店のマンゴープリンか、もう切ってあるものを食べるだけで、自分で切ったことがなかったんです。どうやら横に薄い種らしいということがわかって、包丁やスプーンを駆使してすっかり実をこそげました。ジュースにするのをやめて、このまま全部台所で立ったまま食べちゃおっかな・・・と思うほど甘くておいしかった。

また買ってこようっと♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-16 13:32 | つれづれ