思いつくまま

タグ:Detox ( 9 ) タグの人気記事

Nearly back to square one...but I'm not giving up

b0143292_20335329.jpg
Back to square oneというのは「振出しに戻る」という意味。海外の刑事ドラマなどを見ていると、手がかりが全部なくなった時に"So...we're back to square one, huh?"なんて言うのを本当によく耳にします。ウィキペディアによると、こどものゲームだとかイギリスのフットボール実況中継をした人の言葉だとか、語源は諸説あるようです。日本語ブログですが、この記事にぴったりだなと思ったので英語です、タイトルだけ(笑)


BEIGEでの母とのディナーの約1週間後、いつもの鍼の先生のところに行ってきました。着替えを済ませて先生を呼ぶと、いきなり「顔の輪郭が元に戻っちゃった。足首も肉がかぶさってる。」

そうです・・・。デトックス5週目の終わりに世にも贅沢な食事をしてからというもの気がゆるんでしまい、焼菓子を食べたり2日ほど昼に野菜を食べなかったりして、あれよあれよという間に1.5キロ元に戻ってしまったのです。人のカラダを健康な状態に近づけることを生業にしている先生には、私のネガティブな変化は一目瞭然だったようです。先生曰く、「せっかくそのセミナーで土台を作ってもらって軌道に乗り始めていたところだったのに、ヘンなもんたくさん食ったせいでガタガタになっちゃった。再開したとしてもこれまでの80%くらいの効果しか出ないよ。」

先月のセミナー後に会った時の驚きと感激があまりにも大きかっただけに、落胆も同じくらい大きいと先生。診療ベッドが針のムシロのように感じられた45分間でした。別にこの先生のために健康になろうとしているわけではないものの、人にここまでがっかりされるとさすがにヘコミます。

特に辛かったのは「そうだよね・・・、あなたはひとつのことを続けるのが苦手な人だもんね」と言われたこと。好きなシンガーソングライターLiz Phairの歌で習った言葉を借りれば"a slap in the face" (顔に平手打ち)級の衝撃でした。

6週間のデトックスは日数的には終わったけれど、ここで諦めたくない、そう思って今また、生野菜生果物生活を送っています。筋肉を増やすため、せっせと階段をのぼったり、バスをやめて歩いたりも。

先生の発言のあと、打ちひしがれた気持ちを鍋と野菜にぶつけてラタトゥイユを作りました。もう何年も作ってなかったので、こちらを参考に隠し味を加え、食感が楽しいかもと思ってエリンギも入れてみました。味のしっかりしたおいしいのができました。

翌日、すっきりしたパッケージにピンときて買った篠崎屋の絹豆富にかけてみたら・・・合うじゃないですか!たくさん作って冷凍したので、一品足りない時にまた登場してもらうことになりそうです。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-27 21:36 | つれづれ

人参、林檎、生姜のジュース

b0143292_1444531.jpg

昨晩innocent smoothie receipe bookを読んでいたら、どうしても作ってみたいレシピがあったので、そぼ降る雨の中スーパーにりんごを買いに行きました。

つい先日買ったばかりの50mmのマクロレンズを持って。外で使うのは今日が初めて。
b0143292_1450585.jpg

マクロレンズを買ったら、植物についた雨露を撮ってみたいとずっと思っていました。
どういうわけだか、フォーカスロックをしてもちょっとレンズを動かすとすぐピントがずれてしまいます。思ったように撮れなくて、(マクロ買うのは早かったのかなぁ)(他のブログではみんなきっちりピントが合ってるのになぁ)などと考えながらしばらくこの花(ツツジですか、My花博士の苺さん?)と格闘していました。30枚くらい撮って、あきらめました。あぁデジタルでよかった・・・。

てなわけで、役者は揃いました。
b0143292_1438228.jpg

この記事でご紹介したときにも書いたんですが、このレシピ本、英語の文章が本当におもしろいです。
ちょっと引用すると:

“This recipe was in our last book, but we're not ashamed to air it again. Put simply, it's the best veggie blend in all the world, and if anyone disagrees, we can sort it out in the car park at half seven."
(Page 97, Innocent Smoothie Recipe Book: 571/2 Recipes from Our Kitchen to Yours, Forth Estate London, 2006.)

(Occhi語訳:「ひとつ前の本にも載せたけど、ためらうことなくまた載せよう。なぜって、ずばりこれが世界で一番の野菜ジュースだから。賛成できない?片を付けるから今晩7時半、いつもの駐車場に来な。」


"...sort it out in the car park at half seven."のあたりは、日本語でいうところの「体育館裏に来な」って感じでしょうか。くすっと笑っちゃうような、いかにもイギリス英語な文章や表現が満載なので、読み物としても楽しめる私の大切な一冊です。

さてさて肝心のジュースのお味はというと、すりおろした生姜の絞り汁のピリッとした辛味が人参と林檎ジュースの甘さを引き立てて、何杯でも飲めそうでした。
b0143292_15211099.jpg
テキストを書いたDan Germain氏に一言 "I totallly agree with you. It was awesome!"


"Healthy glowing skin" (内側から輝くような肌)を作るのにもいいそうです。お試しあれ〜♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-24 15:45 | つれづれ

A glass of fresh mango juice

b0143292_13151834.jpg

晩ご飯の食材を買いに行ったスーパーで見つけたタイ産のゴールデンマンゴーを、レモン、デコポンをしぼったジュースと合わせてスムージーにしてみました。

innocent (R) の本過去記事にあったオレンジを使ったレシピ。オレンジがなくてデコポンで代用したんですが・・・、デコポンじゃなくてオレンジのほうがよかったみたい・・・。充分おいしかったんですけどね、でも今度は横着しないで買いに行きます。
b0143292_13255867.jpg
リーフパイみたい!と母


マンゴーをすこーんと半分に切ろうとして、固いものに阻まれました。
マンゴーというと、中華料理店のマンゴープリンか、もう切ってあるものを食べるだけで、自分で切ったことがなかったんです。どうやら横に薄い種らしいということがわかって、包丁やスプーンを駆使してすっかり実をこそげました。ジュースにするのをやめて、このまま全部台所で立ったまま食べちゃおっかな・・・と思うほど甘くておいしかった。

また買ってこようっと♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-16 13:32 | つれづれ

娘がおとうさんに作る「おとうさんのナポリタン」

b0143292_231130.jpg

のっけからピンぼけのスパゲティ写真。「え”〜っ!デトックスしてるって言ってなかった?とうとうガマンできなくなってスパゲティ食べちゃったの・・・?」と思われた方もいらっしゃるかも。いえいえ、これは娘がおとっつあんのために作った「おとうさんのナポリタン」です。

映画「かもめ食堂」での仕事でその名を広く知られるフードスタイリスト飯島奈美さんのレシピ本「Life なんでもない日、おめでとう!のごはん。」。福岡のブロガーの方のこの記事で知って、そんなにおいしいならいつかナポリタン好きの父に作ってあげたい!と思ってさっそく注文。

本が届いた数日後(アマゾンのお急ぎ便は早くて便利だけど、あの巨大な箱はちょっと罪悪感・・・)、家に帰ると台所に、いかにもこれからナポリタン作る、な食材が。

私:「今日はナポリタンなの?」
母:「うん、ナポリタン食べたいんだって」
私:「えーマジっ!?私が作るっっ!」

そんなわけで、いつもなら部屋着に着替えてぐーたらするところを、脱いだ服をまた着てコンビニにダッシュ。マッシュルーム水煮缶とトマトジュースをゲットしてさっそく作り始めました。サラダ以外の食事を作るのは本当に久しぶりっ!フライパン振ったり、トマトジュース煮詰めたり、ピーマン炒めたり・・・なんだか楽しい〜っ!

病気ですっかり食が細くなってしまった父。母がリクエストに応えていろいろ作っても、三口くらい食べて「もういらない」とすぐによけてしまいます。それが、「喫茶店の味」のこのナポリタンは、もともとの量がふつうより少なめだったとは言え、完食。昭和一ケタ男なので「ありがとう」も「おいしかった」も言いませんが、空になったお皿を見て、「あ、おいしかったんだな」とわかってとってもうれしかった。

糸井重里氏が序文で「食べておいしい、食べさせてうれしい、一緒に食べる場にいて幸せだ。」と記しているんですが、(それってこれか?これだよきっと!)って思いました。

味見のため3本ほど食べましたが、煮詰めたトマトジュースのおかげで「ただ甘いだけのケチャップ味のスパゲティ」になっていなくて、懐かしい味がとってもおいしかったです。あと2週間したら今度は自分用に作ってみたいです。

ちなみに、スパゲティーの後に作った私の晩ご飯はこれ。
b0143292_23395445.jpg

デトックスセミナーでご一緒し、部屋が同室だったまなみんさんのブログをヒントに水菜と鶏ささみのサラダ。私はゆず醬油に柚胡椒を少々と一味唐辛子をすこし。まなみんさんの教えてくれた方法でささみを調理したら、ほんとうにふっくら美味しくできました。簡単なのに、おいしい。いいことを知りました♪

ところで・・・。
金曜の終業後、肩のあたりがどうにも張ってる気がしたので、信頼している治療院に行って鍼を打ってもらいました。受付にいた担当のO先生が、私を見るなり「顔が小さくなった気がする・・・。」

デトックスセミナー(過去記事)に行ったことなど、この3週間の経緯を話すと「いや〜、ほんとに余分なものが落ちてきた」。友達にすすめられ先生の治療院に通い始めてかれこれ3年、その間の私のからだの変化を全部知っている先生が、「やっと目覚めてくれて・・・感激です」と。日頃歯に衣着せない物言いをする方なので、これには本当にびっくりしました。おしりと太ももの境目をマッサージしてリンパを流しながら、「前はぜい肉が邪魔でこんなこと(手技)はできなかった・・・」と感慨深げでした。

ところで、昨晩食べたものの話をしていて、上の写真のサラダについて説明したら、「柑橘類を組み合わせるとからだが冷えるから、ポン酢と一味唐辛子だけにしたほうがいいよ。柚子胡椒は塩分も多いし」って言ってました。次回は柚子胡椒は入れないようにしようっと。

先生によると私はぜい肉は落ちてきたけど、筋肉が足りないのでこれからからだが冷えるかもしれないとのこと。部屋の片隅ですっかり「畳んだ洋服置き場」化している、清水の舞台から飛び降りる思いで買った通?生活のエアロビステッパー(海外のオリンピック選手が使っているらしい!)を数年ぶりに始めようと思います。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-08 23:24 | つれづれ

3週間経ちました。

b0143292_21384210.jpg
りんごジュースとイチゴのスムージー。残念ながら味は今ひとつ。次回はレモンやミントを入れてみよう。


4月13日から始めた3週間のデトックスが終わりました。

1週目は生野菜と果物だけ。2週目と3週目は、ランチはサラダを出す店に足繁く通い、鶏肉や魚介類の入ったサラダを。夜はときどきツナやホタテ缶を使ったものの、たいていは野菜オンリーのサラダを食べてました(ちゅーか鶏や魚介は下ごしらえが面倒で(汗汗)。2週目は、ともだちと喫茶店に入ったときに飲んだレモングラス入りのハーブティーのせいでどーーーしてもタイ料理が食べたくなり、パッタイと生春巻きを、3週目にはともだちとのディナーで豚肉・鴨肉、パンを少し食べましたが、夜はそれ以外はずっと自分でせっせと作ってました。

この記事でも書いたとおり、小淵沢から帰京した日からポジティブな変化をひしひしと感じていたのですが、日を追うにつれてその変化を実感できるようになりました。具体的には:

寝付きがよくなった。朝起きたときもよく寝たなという気分で、以前よりずっと楽に起きられる。
顔の肌がきれいになった。さわるとしっとりすべすべ。以前はザラザラギトギトって感じだったのに。
背中、お腹のぜい肉が減ったことで、姿勢がよくなった。姿勢が良くなったおかげで肩こり、首の痛みがなくなった。
頭痛の回数が激減した。3週間中頭痛がしたのはボスに八つ当たりされたあとと、苦手な同僚とドナドナランチ(注:意志に反して行くランチのこと)したあとだけ。
全体的(顔、手足、腰とお腹)にスッキリしてきた。これまで穿けなくてクローゼットの肥やし化していたバンツや袖まわりがきつかったジャケットが苦もなく入るようになり、組み合わせを考えるのが楽しい。肩の盛り上がりが減ったため首も長く見える。
からだが軽いのできびきび動ける。
「冷え」がなくなった気がする。
イライラや気持ちの浮き沈み(落ち込み)が少なくなった。

・・・とこんな具合にいいことづくめです!小淵沢のセミナーに行くまでは、(3日間ガマンできたとしても、東京に帰っていつもの生活に戻ったら、あっという間にこれまでの食習慣に戻ってしまうのではないか?)と心配でしたが、3日目の夜にすでに効果を実感できたことと、「もうあの鬱々とした日々に戻りたくない」という一心で続けることができました。からだがとにかく重くって、毎日どこかしらが痛くて、いつもねむくて、週に一度は鍼打ってもらって。仕事が終わるとぐったりで、家でテレビみて寝るだけ。布団に入ってもなかなか寝付けず、朝はやっとの思いでベッドから出る。デトックス開始まではそんな毎日を過ごしていました。1年以上こんな状態で過ごしていたなんて、うー、人生もったいないことをしました。

味覚も変わってきているみたいです。今日は家族が出来合いのヒレカツで作ったカツ丼を食べていたんですが、匂いに惹かれて、げんこつ大くらいの茶碗に分けてもらいました。山盛りのサラダ(大根と揚げじゃこ&アボカド、セロリ、海老のマヨネーズ和え)を食べたあとに食べてみたんですが、全然おいしいと思わなかった。カツ丼、あんなに好きだったのに・・・。

デトックスは体重を減らすために始めたわけではないものの、具体的な数値を見ることで励みになるかと思い、私は期間中可能な限り体重を計っていました。3月末の一番重かったときと較べると、5.4キロ減です。体重が急激に変化すると生理が止まることもあるそうだけど、それもありません。いや〜どうりでからだが軽いはずだわ〜。

わたしがこんなに頑張れたのは「あのツライ日々はもうイヤ」だったから。興味はあるけどそんなストイックな食生活はムリ!という方は、食前に生野菜をたくさん食べて(=酵素をたくさんカラダに取り入れる)からメインを食べるとか、午前中は果物だけにしてみるとかでもだいぶ違うんではないかと思います。

この3週間で「肝臓のデトックス」が終わったので、次は「腎臓のデトックス」をします。
つまりもう3週間、野菜果物&水毎日2リットル生活を続けます。でも、去年の忘年会で当たった銀座の高級レストランご招待券の期限が今月末までなので、そこには行くつもり、ですが(笑)。だってメインが一皿5-9,000円もするようなお店、自分では一生かかっても行けませんから!
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-05 00:34 | つれづれ

WHITTARD OF CHELSEAのフルーツティー

先日初めて伊勢丹新宿店2階のBeauty Apothecaryへ足を踏み入れました。
目的はSHIGETAのフローラルウォーターとオイルだったんですが、広々としたフロアに美しいパッケージのオーガニック化粧品や飲料が整然と並ぶさまに軽い高揚感を覚えました。

買い物カゴを持ってぐるぐるとマグロのように回遊していた時に目に飛び込んできたのがこれ。
b0143292_1217213.jpg

WHITTARD OF CHELSEAのCaffein Free Fruit Infusion。中に入っている果物(桃、オレンジピール、ラズベリー)をふんわりと撮った写真があしらわれたパッケージにひとめぼれ。

飲み物は紅茶派で、かつては一日に一杯はミルクを多めに入れた紅茶を飲んでいましたが、カフェインとミルクはデトックスを阻むというし、フローラルウォーターを入れた水を一日1.5〜2リットル飲んでいることもあって、今はお茶は飲んでいません。それでも、ちょっと空腹感のある時や寒い時には温かいものを飲みたくなるので、試しに買ってみました。

箱が近くにあるだけで桃とラズベリーの甘酸っぱい香りが漂ってうっとり気分。お味はというと、さっき飲んでみましたが、一緒にブレンドされているハイビスカスとローズヒップが主張している感じかな。夏にアイスティーにしてはちみつで少し甘くしたら美味しいと思います。

こちらは同じくノンカフェインのApple and Mango。
b0143292_12272684.jpg

外国のパッケージデザインってどうしてこんなにステキなんでしょう。日本だと漢字・ひらがな・カタカナが混在してごちゃごちゃしているけど、外国のはたいてい文字がその国の文字だけだからかな〜なんて思ってるんですけど。でも外国の人にとってはごちゃごちゃしてる日本のパッケージがかえって新鮮なのかも。

Apple and Mangoには上のと同じくオレンジピール、ハイビスカス、ローズヒップが入ってますが、こちらにはシナモンも入っています。まだ飲んでみていないけれど、一体どんな味がするんだろう。これも夏にアイスティー・・・かな?
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-03 12:55 | つれづれ

レタスと搾菜

b0143292_22422620.jpg

金曜日、友達と神楽坂で食事をしたのですが、その店のすぐ近くにある中華料理店の店先で、袋入りの味付け搾菜を売っていました。見るなりひらめきました。

「搾菜!レタスと合わせてサラダにしたらおいしいかも・・・我ながらいいアイディア〜っ!!」

会食が終わって帰宅した深夜、ネットで検索したみたら・・・すでにありました、レシピが。
な〜んだ。全然新発見じゃなかった! (>_<)

金曜日の夜にあまり生野菜を食べられなかったので、今日は朝食にバナナと冷凍ブルーベリーのスムージー。昼にレタス&搾菜のサラダを作りました。ネットで見つけたレシピでは麺つゆが使われていましたが、ないので割愛。ちぎったレタスに味付け搾菜を混ぜ、太白胡麻油を少量振りかけました。途中思いつきでラー油をちょっとかけたら味が締ってさらに美味しくなりました。ぜーんぶ適当に切って混ぜるだけなので、とっても簡単です。

ところで・・・。金曜日に入ったレストラン。夜9時まではアラカルトで注文できないということで、野菜中心のコース料理を選びました(つきあってくれたおふたりさん、ありがとー!)。

前菜にちょびっとずつ生ハムメロン、鴨肉、パンとクリームチーズなどを食べたんですが、家に帰ってパジャマに着替えようとしてびっくり。内腿にぶわ〜っとじんましんが出ていたんです。半月以上食べていなかったものが急に胃に入ってきてからだがびっくりしたのか、それともメインの青魚が体質的に合わないのか・・・?原因は分からないけど、こんなにじんましんが出たのは、ボスが近づいてくるたびに腕にサーっと赤い斑点が広がったの昨年3月以来だったので、驚きました。

ご飯の話ついでに今日の夜私が食べたもの:ゆで空豆、アボカドのナムル、大根とホタテ缶のサラダの計3品。
b0143292_23164918.jpg
柳田氏のようなきれいな写真じゃないのでちっさくしました。ほんとに写真が上手ですよねぇ。天は二物を与えないんじゃないのか〜!?


アボカドのナムルは、友達がとってもおいしかったよと奨めてくれた柳田栄萬氏のブログ「薬膳のチカラ」のこのページを参考に作ったもの。ちょっとにんにくと塩を入れすぎちゃったけど、これはイケます。絶対また作ると思います。

b0143292_1320487.jpg

絶対作ると言えば、頻繁に作るのが、WeST PArk CaFEのChinese Chicken Salad (↑)を真似たサラダ。本家のはレタス、ロティサリーチキンのほぐし身、色とりどりの野菜、ピーナッツ、生姜の甘酢漬け、えびせんなどをクリーミーごまドレッシングで和えてあるんですが、私は面倒なのでレタスと甘酢漬けと松の実だけ。それでも充分おいしいです。お試しあれ〜♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-02 23:56 | つれづれ

Juice三昧

b0143292_21362933.jpg
先週日曜の朝ごはん「りんご・セロリ・にんじん」ジュース
りんごとにんじんはサラダにしてもよし、ジュースにしてもよしで私のデトックスの味方です♪


セミナーの3日間で果物のスムージーの美味しさを知ってから、自宅でもいろいろ試しています。
バナナと他の果物をミキシングしてスムージーを作ったり、野菜をりんごやにんじんと一緒にジュースにしたり。

でも、へんなの作っちゃったら〜!?と思うと、ジュースやスムージーに使う果物や野菜の組み合わせに想像力を働かすことがまだできません。そんなわけでChicoさんがこの記事で紹介されているInnocent Smoothie Recipe Book: 571/2 Recipes from Our Kitchen to Yoursを買ってみました。写真もきれいだし、英国らしいちょっとシニカルでくすっと笑ってしまう言い回しがあっちっこちにあって、読んでいても面白くて、おススメ。Innocentのスムージーはロンドンの大手スーパーやそのコンビニ型店舗には大体置いてあるので、旅行の時よく飲んでました。これでウチでも作れると思うとうっしし(古っ)です。

あとはナターシャ・スタルヒン著の「フルーツで野菜で!生ジュースダイエット」も参考にしています。写真は最初のほうにしかないし、野菜/果物別の目次がないのでちょっと使いにくいのが難点といえば難点ですが、効能などが詳しく説明してあって勉強になります。文庫本サイズで比較的安いのもgood!

写真のパイントグラスは眼鏡のロゴがかわいいChronicle Booksのもの。しばらく使っていなかったんですが、ここに来て大活躍です。470ccも入るのでちょっと絞りすぎてもう大丈夫。いや〜、捨てなくてよかった〜。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-20 23:04 | つれづれ

ポジティブな変化、訪れています!

b0143292_139114.jpg

4月13日から15日の3日間、山梨県は小淵沢にて行われた「SHIGETAデトックスセミナー」に参加しました。
フランスと日本を叉に掛けて活躍されているSHIGETA主宰のChicoさんのご指導のもと、呼吸法、セルフマッサージ法を学び、デトックス (= 解毒) を促すローフード(生の野菜と果物を使ったサラダやジュース、スムージー)の食事をたっぷりいただきました。

今日はDetox開始から6日目。早くもからだが軽いです♪

すんごい長いけど・・・読みたい方はクリック!
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-18 15:46 | つれづれ