思いつくまま

タグ:Food ( 72 ) タグの人気記事

娘がおとうさんに作る「おとうさんのナポリタン」

b0143292_231130.jpg

のっけからピンぼけのスパゲティ写真。「え”〜っ!デトックスしてるって言ってなかった?とうとうガマンできなくなってスパゲティ食べちゃったの・・・?」と思われた方もいらっしゃるかも。いえいえ、これは娘がおとっつあんのために作った「おとうさんのナポリタン」です。

映画「かもめ食堂」での仕事でその名を広く知られるフードスタイリスト飯島奈美さんのレシピ本「Life なんでもない日、おめでとう!のごはん。」。福岡のブロガーの方のこの記事で知って、そんなにおいしいならいつかナポリタン好きの父に作ってあげたい!と思ってさっそく注文。

本が届いた数日後(アマゾンのお急ぎ便は早くて便利だけど、あの巨大な箱はちょっと罪悪感・・・)、家に帰ると台所に、いかにもこれからナポリタン作る、な食材が。

私:「今日はナポリタンなの?」
母:「うん、ナポリタン食べたいんだって」
私:「えーマジっ!?私が作るっっ!」

そんなわけで、いつもなら部屋着に着替えてぐーたらするところを、脱いだ服をまた着てコンビニにダッシュ。マッシュルーム水煮缶とトマトジュースをゲットしてさっそく作り始めました。サラダ以外の食事を作るのは本当に久しぶりっ!フライパン振ったり、トマトジュース煮詰めたり、ピーマン炒めたり・・・なんだか楽しい〜っ!

病気ですっかり食が細くなってしまった父。母がリクエストに応えていろいろ作っても、三口くらい食べて「もういらない」とすぐによけてしまいます。それが、「喫茶店の味」のこのナポリタンは、もともとの量がふつうより少なめだったとは言え、完食。昭和一ケタ男なので「ありがとう」も「おいしかった」も言いませんが、空になったお皿を見て、「あ、おいしかったんだな」とわかってとってもうれしかった。

糸井重里氏が序文で「食べておいしい、食べさせてうれしい、一緒に食べる場にいて幸せだ。」と記しているんですが、(それってこれか?これだよきっと!)って思いました。

味見のため3本ほど食べましたが、煮詰めたトマトジュースのおかげで「ただ甘いだけのケチャップ味のスパゲティ」になっていなくて、懐かしい味がとってもおいしかったです。あと2週間したら今度は自分用に作ってみたいです。

ちなみに、スパゲティーの後に作った私の晩ご飯はこれ。
b0143292_23395445.jpg

デトックスセミナーでご一緒し、部屋が同室だったまなみんさんのブログをヒントに水菜と鶏ささみのサラダ。私はゆず醬油に柚胡椒を少々と一味唐辛子をすこし。まなみんさんの教えてくれた方法でささみを調理したら、ほんとうにふっくら美味しくできました。簡単なのに、おいしい。いいことを知りました♪

ところで・・・。
金曜の終業後、肩のあたりがどうにも張ってる気がしたので、信頼している治療院に行って鍼を打ってもらいました。受付にいた担当のO先生が、私を見るなり「顔が小さくなった気がする・・・。」

デトックスセミナー(過去記事)に行ったことなど、この3週間の経緯を話すと「いや〜、ほんとに余分なものが落ちてきた」。友達にすすめられ先生の治療院に通い始めてかれこれ3年、その間の私のからだの変化を全部知っている先生が、「やっと目覚めてくれて・・・感激です」と。日頃歯に衣着せない物言いをする方なので、これには本当にびっくりしました。おしりと太ももの境目をマッサージしてリンパを流しながら、「前はぜい肉が邪魔でこんなこと(手技)はできなかった・・・」と感慨深げでした。

ところで、昨晩食べたものの話をしていて、上の写真のサラダについて説明したら、「柑橘類を組み合わせるとからだが冷えるから、ポン酢と一味唐辛子だけにしたほうがいいよ。柚子胡椒は塩分も多いし」って言ってました。次回は柚子胡椒は入れないようにしようっと。

先生によると私はぜい肉は落ちてきたけど、筋肉が足りないのでこれからからだが冷えるかもしれないとのこと。部屋の片隅ですっかり「畳んだ洋服置き場」化している、清水の舞台から飛び降りる思いで買った通?生活のエアロビステッパー(海外のオリンピック選手が使っているらしい!)を数年ぶりに始めようと思います。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-05-08 23:24 | つれづれ

レストラン日水土でディナー

東京に遊びにきた大学時代の友達まるちゃんと銀座1丁目のレストラン「日水土」にて約1年ぶりに再会。

b0143292_18532648.jpg


More
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-26 20:07 | つれづれ

板チョコ

b0143292_22493358.jpg

板チョコは、銀紙の上から爪で線をなぞってからパキッと折って食べるのが好きです。
一列だけ食べるつもりがついついもう一列・・・。気づくと1枚の半分近く食べちゃってることも。

これ、なんだか折れにくいなーと思って銀紙をめくったら、なんと象の絵が入ってました。

あぁデトックス前の往生際の悪さよ!(食べたのは前々日です・・・って誰に言い訳してるんだ〜。)
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-12 22:56 | つれづれ

スコティッシュ・クロワッサン

b0143292_1447584.jpg

先日遅いお昼を求めに入ったこちらのお店。ローストビーフ、スモークサーモン、えびとアボガドの3種類のフィリングが入ったサンドイッチは、こんなおいしいサンドイッチは初めてかも!と思うほどおいしかったんですが、その時一緒に買ったこの「スコティッシュ・クロワッサン」もまた感激モノでした。

何とも形容のしがたい形。「ちょっと待って、クロワッサンってフランス語で、三日月って言う意味なんじゃないの?」とか「スコットランドに旅行した時、こんなの見なかったな・・・スコットランドでも売ってるのかしら」などなど、頭の中に疑問が渦巻きますが、どうでもいいっす。だって美味しいんだもの・・・。ほのかに甘くてほっとする味。高校時代、お昼に中庭に売りに来るパン屋の「フランソワ」という菓子パンが大好きでよく買っていたんですが、たしかそれはこんな味だった気がする。

b0143292_1513839.jpg


検索して調べてみたら、この上に乗ってるざらざらつやつやしたものは、カソナードというものらしい。

あんまり美味しいから記事で紹介しようと思って、日が暮れる前、窓開けて撮りました。窓辺にパンを置いて一心不乱に写真を撮るオンナ。向かいのマンションのひとは不思議だっただろうなぁ。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-11 15:12 | つれづれ

パッケージ買い:yogen früz smoothies

輸入雑貨のPLAZA(プラザ)。女の子なら嫌いな人はいないんではないかと思います。
かく言う私も幼稚園くらいの時からキッチン用品を求める母に連れられて、銀座店によく行きました。
今もloyal customerです♪

お洒落なのに機能的な輸入文具や色とりどりのパッケージがステキなお菓子、化粧品、衣類など。特に目当ての物がなくてもふらりと入りたくなってしまう不思議なお店。私は半年に1度くらい、カゴにお菓子やマスカラ、メッセージカードやポーチなどボンボン放り込んで買ってしまう "shopping spree"をしてしまう時があります(といっても単価が安いのでせいぜい5千円〜1万円ぐらいですが・・・)。
b0143292_21415088.jpg

写真は、その「衝動買いモード」まっただ中の時にみつけたブルーベリーヨーグルト味のミント。
マグカップや缶など、容れ物好きの私の心をわしっと掴んだかわいいパッケージ。食べ終わったあとはチューインガムを入れたり、絆創膏を入れたりしてもよさそう。

こういう缶入りつぶつぶ系のお菓子って、缶に魅かれて買っても、味が「・・・(絶句)」だったりして結構賭けなんですが、これは人工的な味がせず、ほんとにブルーベリーヨーグルトを食べてるような気分になって、後ひくウマさです。他にバナナ&苺とミックスフルーツ(うろ覚え)の2種類があります。

b0143292_21574539.jpg
My taste buds indeed thanked me :-))


何がびっくりしたってあーた(急にオバちゃんに変身)、この裏ぶたですよ!!!
Your taste buds will thank u. 「あなたの舌の味蕾があなたに感謝するでしょう」って思いっきり直訳ですが、これに気づいたときの驚きと言ったら!おいしい上にお茶目、最高です。次行ったら「バナナ&苺」味買っちゃおう〜っと。



ハロウィーンバージョンについてはこちらの記事でどうぞ♪
[PR]
by jewelled-apple | 2009-04-01 22:13 | つれづれ

ピザトーストもどき


b0143292_11414612.jpg

数週間前の週末のブランチ。土曜、日曜と立て続けにこのピザトースト(もどき)を食べました。
食パンの上にとけるチーズをのせて、薄く切ったサラミをのせて、さらにチーズ。いかにもカラダに悪そうです(汗)。仕上げにじゃんじゃんタバスコ。タバスコは最近目覚めた調味料。ちょっと前まで、私が作ったラタトゥユのパスタにまでタバスコをかける母を信じられない!と思ってましたが、今はまぁわからないでもないです。母は母で、表面が真っ赤になるまでみそ汁に一味唐辛子をかけていた亡き父(私の祖父)のことを思い出して「あたしもおじいちゃんみたいになってきちゃった」と言いながらうどんにせっせと七味をかけてます。

写真は日曜日の「もどきトースト」。パンくずの散らばり具合に「お!」と思って皿持って窓辺にダッシュ。
前日の「もどき」は、油がスゴいことにふと気がついて、トーストを傾けて油を落として食べたらんまぁこれが不味いのなんのって。油っこいものは油っこいまま、甘いものは甘いまま食べるのががいいに決まってる、糖分控えめなんてもってのほか・・・。

こんなこと言ってる私が、来月detoxに初挑戦の予定。
悪いところが良くなる兆しとして体調が悪くなるとかいうし、ちょっと不安ですけど、とても楽しみです。
今日来た案内書には「3日前から重い食べ物は控えてください」とあって、何を食べればいいのか今から頭を悩ませています。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-03-20 12:23 | つれづれ

サラダで晩ご飯

昨年、かつての職場の同僚たちと食事をした時、みんなかわいくてお洒落さんなんですが、そのうちの一人が一際輝いて見えました。ジャラジャラ光り物をつけていた・・・わけではなく、内側から輝くような美しさだったんです。聞けば、野菜や果物を生のまま食べ、乳製品やお肉を極力食べない生活を続けていたとか。すっかり感心した私は、サラダの本だの生食を奨める本だのをアマゾンで買い漁りました。

しかしそこは、美食家の父と料理上手の母の間に育ち、小料理屋で松茸の土瓶蒸しを食べるふたりの横で、そんな渋い食べ物はイヤだと言ってステーキを焼いてもらうガキだった私、そう簡単に肉をやめられるわけがない。サラダにも肉や魚介類が入っていないとなんだか物足りません。

b0143292_20461322.jpg


けれど、最近のカラダの重さは気になる。そこで今晩のごはんは、私のサラダ蔵書の1冊である小針彫佳さんの本の中から「牛薄切り肉のエスニック風サラダ」に決定。

牛肉は茹でて冷水に取るし、ドレッシングにも油が入っていないので、あっさりしています。でも、ナンプラーと唐辛子のドレッシングに香草がアクセントになって肉が(私にしては)少なめでも飽きずに食べられました。ごちそうさまでした。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-03-13 00:19 | つれづれ

Vivid/Natural

デジタル一眼レフカメラの色の仕上がり設定は、メーカーによって呼び方は違うんだそう。私の使っているオリンパスの場合、色の仕上がりが 1) Vivid 2) Natural 3) Flat 4) Portrait 5) モノトーンと5つの設定があります。

昨年初夏に通ったワークショップで色の設定について教わった時、VividとNaturalの違いは同じものを自分で撮って確かめてみてと先生に言われ、その帰りに寄ったカフェで注文したチーズケーキでさっそく試してみたけれど、そのときは違いがよくわかりませんでした。

今年の始め、青山のSpiral Market内で買ったCura2のクッキーを撮り比べてその違いにびっくり。
b0143292_2058556.jpg

b0143292_20583382.jpg


上の「Vivid」写真の方が、「キミ(黄身)クッキー」の色がよく表わせてる気がするけれど、下の「Natural」もそれはそれでアリのような気も。

みなさんはどちらが好きですか?また、カメラによって名称は違うでしょうが、皆さんは食べ物を撮る時、色はどんな設定にされているのでしょうか。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-03-08 21:14 | つれづれ

ひな祭りの夕餉

3月3日。
毎年母が錦糸卵とピンク色のでんぶがいっぱいのちらし寿司を作ってくれるんですが、諸事情により今年はなし。
ひとりで宅配の海鮮ちらし寿司を食べました。

b0143292_20591945.jpg


b0143292_21274132.jpgこれ、もともとはこんな風にプラスチックの容れ物に入って届きました。メニューに「一人前の宅配はワンウェイ容器(・・・といえば聞こえはいいが、要するに使い捨て)になります」って書いてはあったけど、こんなだとは・・・。正直がっかり。


でも、家のお皿に酢飯を移して、その上に海鮮を並べたら、美味しそうなちらし寿司になりました。

ちゃんとお皿に盛って食べる。なんでもないことのようだけど、大事なことなんだな、と思ったのでした。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-03-04 21:35 | つれづれ

さようならパレスホテル、また会う日まで

b0143292_1245255.jpg


2009年1月31日をもってパレスホテルが建て替えのために一時休館しました。
会社から非常に近いこともあって、海外オフィスからのビジターの宿泊手配で随分とお世話になりました。
ビジターのなかには、いったん別のホテルにチェックインしたものの、パレスがいい、と言ってその日のうちに移った人もいたっけ・・・。

そういえば、直属の上司に2度目のcatch upランチで連れてこられたのもこのホテルの中の和食レストランでした。個室の掘りごたつの部屋に上司とサシですよ。あーれーは、キツかった。

着物のウェイトレスさんが持ってきたメニューに「好評のうなぎ、今年も始まりました」と書いてあるのを見て、これで話をなんとかつなごうと思いついた私。「私、うなぎがだめなんです、なんでかというと・・・」と幼い頃、紀○の真空パックうなぎの骨がのどに刺さって以来うなぎが食べられなくなったことを話そうとしたら、ボスが早合点して「遠慮しないで、食べていいですよ!」

本当は寿司(5,500円)が食べたかったんだけど、「うなぎは食べられないんです・・・」と言えず、7,800円のうな重を注文。穴子は好きなくせにうなぎはやっぱり食べられず、半分涙目になりつつ頑張って食べたのでした。
「どうでした?(喜)」と聞くボスに「・・・もうちょっとタレがかかっててもよかったかなと・・・でもおいしかったです」と微笑みながら答えた私。ああ!

1月末、最後だから、と会社の人たちとランチに出掛けました。地下のカジュアルなレストランやカレーハウスには行ったことがあったけど、和田倉濠を望む「スワンレストラン」はこれが最初で最後。席に着いてメニューをみてびっくり。ど、どれも高い・・・。でも最後だから食べたいものを食べよう!と名物のローストビーフを挟んだサンドイッチを注文しました。本日のスープとサンドイッチ、食後に飲み物がついてしめて4,800円くらい。(くーっ、ランチの予算の上限を3,300円も超えてるっ)と思いつつ食べたサンドイッチのお味はというと・・・。最高でした。四半世紀+α以上生きてきて、ローストビーフは結構食べたと思うけど、堂々のナンバー1。しみじみ美味しかったです。

で、その日はカメラを持ってたので、撮っちゃいました。
b0143292_1143278.jpg


下は、前日に行ったけど食べられなかった、焼きアイスクリーム。半年くらい前から話してて、やっと実行に移そうとしたら「レストランで食事をされた方に提供しています」とのこと。パンフレットにそう書いておいてくれればーーと一緒に行ったひととふたりで地団駄踏みました。が、翌日、僕も食べたいという人が!ワゴンサービスで、「メレンゲに包まれたバニラアイスクリーム」を目の前で「コニャックをふりかけフランベ」してくれます。昼で明るかったので、残念ながら炎はよく見えなかったんですが、念願かなって気分すっきり。和牛和牛していた口の中がさっぱりしました。
b0143292_1351770.jpg


閉館前の3日間、お得意様のためのカクテルがあり、営業担当者の方に呼んで頂いたんですが、そこで完成予想図を見ることができました。緑がたくさんで素敵なデザインでした。竣工は2012年、今からとても楽しみです。
[PR]
by jewelled-apple | 2009-02-21 03:50 | 丸の内周辺